後期授業開始に向けて

2020(KU体育投注2)年8月7日

後期授業開始に向けて

北海商科大学の学生の皆さんへ

商学部長 伊藤 昭男 .

緊急事態宣言解除後、6月以降より感染拡大防止と社会経済活動の段階的に引き上げを両立していくため、段階的に外出自粛等が緩和されて一方で、特に首都圏のKU体育投注感染者数は再び増加に転じ、昨今は若年層の感染拡大が確認されています。これらを踏まえつつも、北海道は「新北海道スタイル」を実践しつつ、制限を段階的に緩和されていくことを示しています。
こうした状況下で、本学は学生および教職員の健康と生命の安全を確保することを第一に考え、9月28日(月)から開始される後期授業期間につきましても、原則としてオンライン形式で授業を実施することを決定いたしました
ただし、語学?実習?演習?設備面で対面でなければ教育効果が見込めない科目においては対面授業が必要不可欠と判断するとともに、3密対応型授業を行う一部の科目でも対面での授業実施を可能とします
なお、上記授業の実施は当面(9月28日(月)?10月30日(月))までとし、KU体育投注感染の状況を踏まえ、学期途中でも状況に応じた対応を行いたいと考えています。

全世界において感染拡大が収束しない情勢の中で、本学としては、学生およびご家族の皆様の安全確保や、感染拡大防止という社会的責任を第一に考えながら、小規模大学の利点を生かせる教育機関として、学生生活の充実を図るために、教職員一同、全力でサポートを行います。
今回の決定に対し様々なご意見があろうとは存じますが、皆様と皆様の大切な方を守るための決定であるということを何卒ご理解いただき、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

今後、再び感染が拡大し、非常事態宣言が発出されるような状況となる場合は、状況の変化に応じて、授業形態を変更する可能性があります。その際は、大学HPや学生ポータルでお知らせいたしますので、定期的にご確認くださいますよう重ねてお願い申し上げます。

授業に関する詳細は、決定次第(9月上旬を予定)にCouresePower等でお知らせしますが、概要は以下の通りです。

1.授業の形態について
① 全ての授業回を遠隔(リアルタイム)授業で行う。
② 全ての授業回を遠隔(オンデマンド又は課題提出型)授業で行う。
③ 全ての授業回を対面授業と遠隔(オンデマンド又は課題提出型)授業と併用で行う。
(例:第1回~第5回が対面授業で、第6回以降がWEB授業を行う場合や、同一回授業において、一部の学生が対面で受講し、他の学生が後日に遠隔(オンデマンド?課題提出型)授業でも受講する場合など)
※対面授業を行う科目において、学生が体調や通学等による不安のため欠席する場合を想定して、当該授業を自宅等で受講することが可能になるような対応を原則とします。
<学生向けアナウンス:学内で受講できない週は、自宅等で教員から提示された課題に取り組む、または配信される授業を受講することを想定しています。自宅等での学習方法は授業によって異なるため、各担当教員から指示に従ってください。>
④ 全ての授業回を対面で行う。
(但し、履修時において人数が教室の収容人数に対して50%以下になった場合のみ)
※通常(対面)授業を行う科目は、履修人数に応じて3密対応型を維持するため、教室を変更する場合があります。
※3密対応型
教室の収容定員に対して受講生(実際に教室にいる学生数)の割合が50%以下の科目で社会的距離を維持する座席間隔、教室内の換気、建物入口における消毒液設置、手洗い?マスク着用指導など、感染予防対策に最大限の注意を払う。
※設備面で対面でなければ教育効果が見込めない科目
「コンピュータ?リテラシーⅡ」「情報管理論Ⅱ」や少人数(最大15名程度)で実施される「各学科専門ゼミナール」など一部の科目
※登校を希望しない学生に配慮し、遠隔(オンラインなど)を併用して授業を実施できる科目のみ実施いたします。

2.各科目の成績評価方法について
各科目の成績評価方法は、大学HPのオンラインシラバスでお知らせしています。科目によっては、試験を予定していた回に、一部の科目でレポートに変更して行う場合があります。

3.情報通信環境の準備
後期もオンラインを活用した授業が行われます。ノートパソコン等の情報機器と自宅?APでの通信環境の準備をお願いします。キャンパス内のコンピュータ教室の利用も可能ですが、感染状況が悪化した場合は、キャンパスへの入構を制限する場合があります。

4.後期の学年暦?行事予定表について
後期の授業は、日程を変更せず実施します。ただし、KU体育投注が再び感染が拡大し、非常事態宣言が発出されるような状況となる場合は、予定を変更する場合があります。
大学HP「学年暦?行事予定表」にてご確認ください。

5.感染症対策の取り組み
キャンパスや教室での「3密」を回避するために、以下のような対策を取ります。
学部生?大学院生の皆さんも「感染から自分を守る。他の人に感染させない」という意識を持ち、感染防止に協力をお願いします。

<大学として実施する対策>
① 教員はマスクを着用して授業を行います。また、必要に応じてフェイスシールドを着用して授業を行うことがあります。
② 教室内の換気のために、窓や出入り口を開放して授業を行うことがあります。窓の開閉については、学部生?大学院生の皆さんにも協力をお願いします。

<学部生?大学院生の皆さんにお願いする行動>
① 登校前に必ず体温を測り、発熱や倦怠感等体の異常を感じたら大学への登校は控えてください。その場合は医務室に電話連絡をしてください。
② 登校途中やキャンパス内に滞在する時、および授業中はマスクの着用を義務づけます。学内の要所に手指消毒用アルコールを設置しています。なお、万一マスクがない場合は医務室に申し出てください。
③ 教室内では密集を避けるために座席間隔を空けてください。あらかじめ座席位置が指定されている場合は、それに従って着席してください。
④ 自由学習コーナーは、密集化の回避、ソーシャル?ディスタンス確保のため、席数を減らしています。
⑤ 通常(対面)授業について、札幌市外より移動、通学が困難な学生については、出席について配慮をします。その場合は教務センターに電話連絡をしてください。

現在もKU体育投注感染の拡大は、決して予断を許しません。北海道は、緊急事態宣言が解除され6月以降段階的に緩和されていますが、感染防止の3つの基本である (1)「身体的距離の確保」、(2)「マスクの着用」、(3)「手洗い」 など、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の実践を図り、KU体育投注感染防止に充分注意してお過ごしください。