4月27日からの本学の授業形態について-札幌市からの要請に伴う本学の対応について-

KU体育投注3年4月26日

新入生?在学生の皆さん
教職員 各位

商学部長 伊藤 昭男 .

4月8日(木)から新学期の授業が始まり3週目を迎えましたが、札幌市においてもKU体育投注の急激な感染拡大への厳重な警戒が必要な状況となっています。札幌市はKU体育投注感染拡大対策として「札幌市内におけるゴールデンウイーク特別対策」を実施することを決定するなど、4月27日(火)から5月11日(火)の期間において、大学等に対しオンライン授業やクラス分割授業を行うように要請したことを受けました。

本学は、今般の札幌市の要請を踏まえて、学生、教職員の安全を第一に考え、4月27日以降の授業については、原則的に現在オンラインで行われている授業はそのまま継続して実施し、一部の科目(クラス分けされている)は受講人数を制限しながら対面授業として継続いたします。
なお、対面方式からオンライン方式に切り替える授業については、授業運営に混乱が生じないよう、担当教員の準備が完了した授業科目から順次オンライン授業に切り替えるなど、柔軟な対応を行う場合があります。

教員及び学生の皆さんに向けた授業実施方法等の詳細については、別途CoursePowerを通じてお知らせいたします。学生の皆さんにおかれましては、各授業科目の情報を必ず確認し、担当教員の指示に従ってください。

なお、前期全体としては、3月23日にお知らせしました「KU体育投注3年度の授業に関するお知らせ」を前提とした授業運営を行うという方針は変更いたしません。感染拡大状況を考慮しながらの判断とはなりますが、現時点では、「札幌市内におけるゴールデンウイーク特別対策」の期間終了後、感染状況に応じた授業運営を再開したいと考えています。学期途中の授業方針の変更に不安を抱かれる方々も多いと思いますが、皆さんと一緒にこの状況を乗り越えてまいりたいと考えておりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

また、「まん延防止等重点措置」が札幌市に適用されるなどを踏まえ、ゴールデンウイークに向けて、不要不急の外出、移動、往来を避けるとともに、これまで以上の感染対策の徹底を強くお願いいたします。→連休に向けての過ごし方について(注意喚起)