臼今斌親寄僥の繁秤鵑糧Qについて┘廛薀ぅ丱粂`?ポリシ`

臼今斌親寄僥參和仝云僥々とする。では、仝KU悶圄誘廣 繁秤鵑留Woにvするウ漫垢砲茲蝓參和の圭に児づき、云僥耕嗤の繁秤鵑累m屎な函Qいを蹐襪海箸謀めます。

1協x

  • ┌隠繁秤鵑箸蓮云僥の僥伏式びその僥M屶o宀、隠^繁、縮T、怱I伏、秘僥嚠協宀、鞭Y伏にvする秤鵑任△蝓云僥がI嬋枠ゝ辰掘嗽は恬撹したもののうち、蒙協の繁がReされ、嗽はReされ誼るものをいう。
  • ┌横繁デ`タとは、蒙協の繁秤鵑鯤話吉で碧できるように、コンピュ`タを喘いたデ`タベ`ス吉で悶狼議に屁尖されている?の繁秤鵑鬚いΑ
  • ┌械隠嗤繁デ`タとは、繁デ`タのうち、僥@が、_幣、屎、旋喘唯峭吉を佩うことのできる慙泙鰉个垢襯禰`タで、6ヶ埖參貧隠嗤するものをいう。
  • ┌苅云繁とは、繁秤鵑らReされ、嗽はReされ誼る繁をいう。なお、云繁が隆撹定宀嗽は撹定瓜瘁繁である栽にあっては、その隈協旗尖繁┗Wo宀吉も、云繁に根まれるものとする。

2繁秤鵑寮喘朕議

繁秤鵑蓮參和の縮圄冩梢式び僥伏屶址に駅勣なI佞鯔賽个垢襪燭瓩棒喘します。なお、旋喘朕議を筝する栽は、云繁に宥岑または巷燕します。

  • ┌隠秘僥嚠協宀、鞭Y伏の繁秤
    ヾ秘僥vSゝ
    秘僥崗、秘僥Yのg仏?\咫秘僥返AにvするI嬌違
  • ┌横僥伏の繁秤
    ヾ僥汐vSゝ
    僥伏^住原、T^苧k佩、僥汐咫僥伏児云秤鵑旅楡蹐哩vするI嬌違
    ヾ俐僥vSゝ
    堕俐獗?俐僥峺А堕俐鞠h、娩I?Y\咫撹I尖、g了J協、怱I登協、僥了娩嚥、忽H住送、今翌藻僥、冩梢試咾覆賓渮Г哩vするI嬌違
    ヾ僥伏伏試vSゝ
    僥伏峺?獗、X僥署、宗慎\僅、牽旋搾伏、n翌試咾覆匹倫伏伏試にvするI嬌違
    ヾ祥vSゝ
    キャリア侘撹屶址、祥峺?獗、箔鞠h、祥林傴の祥にvするI嬌違
    ヾ仏O旋喘ゝ
    ^、縮片、僥坪LANなどの僥@仏O旋喘にvするI嬌違
    ヾその麿ゝ
    光NBj?宥岑、兆仮恬撹、]宴麗のk僕
  • ┌械僥M屶o宀および隠^繁の繁秤
    僥伏の俐僥?伏試屶址のためのBjI奸光N僕原麗┳豹宥岑?僥M{原喘?光N佩並宛坪吉のk僕

3繁秤鵑累m屎な函誼

繁秤鵑鯣ゝ辰垢栽は、m屎かつ巷屎な返粁により函誼します。

4デ`タ坪否の屎_來の_隠

隠嗤する繁デ`タは、旋喘朕議の_撹に駅勣な貭擇砲いて、屎_かつ恷仟の坪否にS隔します。

5芦畠砿尖企崔

繁秤鵑悗硫師なアクセスまたは繁秤鵑亮払、臺А個ざん、息えい吉を契峭するため、駅勣な芦畠企崔をvじます。また、繁デ`タの芦畠砿尖が蹐蕕譴襪茲Α⊇迷T、溜枠吉にしm俳な企崔をvじます。

6及眉宀戻工の崙

繁デ`タは、あらかじめ云繁の揖吭を誼ないで及眉宀に戻工することはありません。ただし、肝の栽には、この泙蠅任呂△蠅泙擦鵝

  • ┌隠隈綜のカ┐忙づく栽
  • ┌横繁の伏凋、附悶嗽はbの芦畠を便るため、o識かつやむを誼ないとJめられる栽であって、云繁の揖吭を誼ることが是yであるとき。
  • ┌械巷\l伏の鯢腕屬湾伏の宗畠な圄撹の容Mのために駅勣がある栽であって、云繁の揖吭を誼ることが是yであるとき。
  • ┌苅忽のCvもしくは仇圭巷慌睫縒屬呂修領を鞭けた宀が隈綜の協める並佞鯔賽个垢襪海箸してf薦する駅勣がある栽であって、云繁の揖吭を誼ることにより輝並佞遼賽个勃д呂鮗阿椶垢それがあるとき。

7隠嗤繁デ`タの_幣吉

云繁は、徭失にvする隠嗤繁デ`タについて_幣、屎、茅、旋喘唯峭などを、箔することができます。また、云繁は、徭失にvする隠嗤繁デ`タの函Qいにvする並について逗秤がある栽は、逗秤の賦竃をすることができます。光箔、賦竃に駅勣な返A吉については、並嬖劼墨獗してください。